運用益や利息は「非課税」

運用時に発生する利益は非課税

老後資金を投資信託を利用して準備する人がいるでしょう。商品にもよりますが、定期預金よりも増やせる可能性があるとして人気があります。定期的に分配金などが受け取れるものもあり、それを使って再投資をすればどんどん増やせます。ただ普通分配金は課税されるため、税金を引かれた残りしか再投資ができません。では個人型確定拠出年金を利用した時にはどうなるかです。こちらでも投資信託の利用が可能で、当然ながら分配金が出るものも多くあります。分配金を再投資もできますが、この時税金は差し引かれません。すべてを再投資してもらえます。1万円分の再投資なら、約2千円差し引かれずに再投資してもらえます。その分お得に年金を積み立てられます。

定期預金を利用してもかなりお得

投資商品として根強い人気を誇っているのが銀行の定期預金です。都市銀行になると利息があるのかないのかわからないぐらい低金利になっていますが、元本保証だからと利用する人は多いようです。投資信託は増やせる可能性もありながら減る可能性もあります。それなら必ず減らない方がいいと考える人がいるようです。個人型確定拠出年金制度を利用するとき、銀行や証券会社などで口座を作ります。通常証券会社の口座では銀行預金は利用できませんが、個人型確定拠出年金の口座なら元本確保型商品として提携先の銀行の預金商品が利用できます。その時に受け取る利息は非課税ですから、約20パーセントの税金を引かれずにどんどん年金資産として残していけます。

© Copyright Contribution Pension Plan. All Rights Reserved.