積立金額は「所得控除」の対象

個人型確定拠出年金に加入する事でどれくらい節税できるの?

老後の資金の足しとして積み立てる事の出来る、個人型確定拠出年金。実はこの制度で積み立てている方は税制上優遇され、住民税や所得税を節税する事が出来ます。では実際に年収400万の方を例にあげて、個人型確定拠出年金に加入する事でどれほどの所得控除額になるのか明記します。年収400万の方の場合、個人型確定拠出年金未加入時の所得税額は135,000円です。それに対し、加入していた場合は112,500円となります。つまり、年間の差額としては18,000円になります。年収400万で年間18,000円はかなりの節税です。しかもこれは所得税だけの節税金額です。上述の通り住民税も節税出来ますし、運用実績で得た運用益も非課税となり、総額の節税金額はもっと高くなります。

所得控除を受ける為の申請方法。

個人型確定初出年金に加入している方が、所得控除を受けるには、年に一度自分で申請する必要があります。逆に申請しないと住民税や所得税が減税されなくなります。サラリーマンの方は年末調整で申告、自営業の方は確定申告をする必要があります。年に一回の申請ですが、上述の通り、毎年申請するとかなりの節税額になります。申請方法を理解し、しっかりと申請しましょう。
年末調整は毎年秋口に企業から年末調整用紙が渡されます。その用紙の給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告の欄に記入して申請します。確定申告では年度末までに、申告書の小規模企業共済等掛金控除の欄に申告額を記入します。どちらの申告でも国民年金基金連合会から送付される小規模企業共済等掛金払込証明書が必要になりますので無くさないように大切に保管しましょう。

© Copyright Contribution Pension Plan. All Rights Reserved.